車の買取りについて

主人の海外赴任が、もしかしたら決まるかもしれません。期間は3年です。もし転勤が決まったら、今使っている車(2台)をどうしようか?という話が出ています。
1台は長く乗っているので廃車にしてもいいですが、もう1台は比較的新しく購入した車です。できれば高く売れたらいいなと思っています。
車を売却しない場合は、家族や知人に貸す方法と日本に残す方法が考えられます。後者は、3年も誰も乗らずに放置していたら、ガソリンやオイルの劣化、バッテリーなどの電気系統のダメージなどかなり危険だと思われます。
前者の人に貸す方法はありだと思います。ただ使用者変更などをしないといけないみたいなので手続きが必要みたいです。
それと、所有者本人が、出国前に売却するのなら問題はないそうですが、所有者本人が出国後に売却すると書類の面で不都合が生じやすいそうです。
出国時に住民票を除籍してしまうと、売却に必要な印鑑証明が取得できなくなり、これに代わる書類としてサイン証明書が必要になってくるそうです。サイン証明書は駐在先の領事館で取得できるそうです。
先に旦那さんが海外に行き、後から家族が来るようなパターンだと思います。
これを見ると複雑そうな感じがします。
ただ、海外赴任に特化した買取り業者があるようなので、そういう業者に頼めば煩わしい手続きまでやってくれるそうです。ですので一度本決まりになったら相談してみようと思っています。
http://xn—-e38a606owzb.net/entry1.html

 

Category: その他  Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.