自宅で歯を白くする方法は意外にも危険かもしれない

歯を白くするのは憧れますよね。
しかし、歯医者さんで歯を白くする原理を理解していない方は多いようです。
どのようなメカニズムで歯を白くしているのか知っておきましょう。

歯を白くするのは、エナメル質の構造を変化させています。
ホワイトニングには過酸化水素などが使われているのですが、この成分が着色を透明に変化させているのです。
歯医者さんで使っているのは薬剤のため、自宅ではできません。
専用の薬剤を使ったうえで、光照射をしながら黄ばんだ歯を白く変化させています。
ネットではバナナの皮で歯が白くなる、重曹で磨くと歯が白くなるといった口コミもあるようです。
おそうじにも使われる重曹は、歯磨きとして使うと黒ずみを落とす効果が期待できるようです。
普段から着色汚れが気になる方は使ってみるとよさそうです。
しかし、重曹で歯を白く方法は確かに色が落ちますが、研磨剤を使って歯を削っているようなもの。
歯を削ってしまうと微細な傷がつき、そこから着色汚れが染み込んで落としにくくなるというのです。
ちゅらトゥースの効果

Category: 美容
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.